Service
   
   
   
Piano seminar  /  ピアノ技術者がベーゼンドルファーを通して伝えたいこと
  
皆様が 「ピアノについてもっと知りたい」 と思う時
同じ様に私たちピアノ技術者は「もっとピアノのことを伝えたい」と考えています。
 
B-tech Japanでは、Bösendorferの技術者として蓄積した「楽器~ピアノ」に関する知識と経験を
「演奏する空間」、「ピアノの構造」、「ピアノの背景」に関連付けて構成した全3回シリーズの
ピアノセミナーで「楽器~ピアノ」の様々なヒントを提供いたします。
 
シリーズ1 「音の行方」
ピアノを演奏する空間の違いによる聴こえかたの感覚に着目します。
コンサートや発表会など 広い空間で感じる聴こえ方の違いを客観的に捉えて
演奏へのヒントを探ります。
 
シリーズ2 「木の楽器~ピアノ」
 
ピアノがヴァイオリンやギターと同じく「木の楽器」というイメージをお伝えします。
その上で現代のピアノに備わる機能の理解へと進みます。
 
 
シリーズ3 「Resonance Box」
 
L.v.Beethoven、F.Schubertが活躍したウィーン。
彼らと同時期にピアノ製作の修行を経たIgnaz Bosendorfer が1828年に創業して
以来、現在に受け継がれる製作理念「レゾナンス・ボックスの原理」
ピアノ全体を一つの共鳴箱とするために厳選した木材がピアノとなるまでの歳月と
  製作の様子をビデオクリップと豊富な映像を用いて解説します。
 
ダイジェスト版
3つのシリーズから目的(ご要望)に合わせた内容で再構成します。
●Power Pointを使用したスクリーン表示で見やすくわかりやすい構成


●会場は弊社スタジオの他、コンサートホール、教育機関等でも実施しております
特にコンサートホールでは保有するピアノの紹介、ホールの音響特性や設備の
周知、コンサートでは体験できないいくつかの実験を行うことができます。
●弊社主催のピアノセミナーの他、ご要望に応じた内容を提供させていただきます
お問い合わせ:E-mail:  osaka@b-techjapan.com
                                       
 Topics  
 Information  
 Media  
 Service  
 Studio  
   
   
 Access  
 Links  
 Q&A  
   
   
   
   
   
   
   
   
    
   
   
   
    
   
   
   
   
   
   
     Copyright (c) 2008 B-tech Japan All rights reserved